コズミック・ダイアリー2013
    私はリコネクションを受けてから偶然知ったコズミック・ダイアリーなのですが、使い始めて3年が過ぎました。
    昨年2月にはコズミック・ダイアリーを作られた柳瀬さんのダイアリーの講座とコズミック・リーディングセミナーを受講しました♪
    studioCUEで提供しているBe Yourself プログラムでもコズミック・ダイアリーを使っていただいています。

    マヤ暦では7月26日から1年がスタートします。

    そう、もうすぐ新年です♪

    現在、日本を始め多くの先進国で使われているのはキリスト教の暦であるグレゴリオ暦。
    私たちの多くは31日、28日、31日、30日・・・というように月によって不規則なリズムを刻むカレンダーを使っているのです。

    カレンダーはプログラミングだとしたら?
    自然のリズムから外れたカレンダーを使うことは、本来自然の一部であるはずの私たち人間が
    どんどん自然から遠のいていくような生き方をしてしまうことにつながっているのではないでしょうか?

    コズミック・ダイアリーは、マヤの叡智から生まれた自然のリズムを取り戻すための
    28日周期×13か月のカレンダーです。

    より自然なリズムへ、新しい時間へ旅立つためのツール。

    studio CUEでも、このコズミック・ダイアリーの手帳タイプ(2色からお選びいただけます)を
    お買い求めいただけます!

    1冊4800円です。

    2013年版のカラーはターコイズ、シルバーゴールドの2色です!
    20120615_a4a5dd.jpg

    現在製作中とのことで、発売予定は7月初旬~中旬だそうです。
    ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご希望のカラーと冊数をお電話(079-335-5530)もしくはメール(info@studiocue.net)でお知らせくださいませ♪

    ダイアリーが届き次第、お知らせさせていただきます♪

    以下は柳瀬さんのFacebookからの文章の引用です。

    あなたもこのダイアリーを使うことで、自然のリズムを取り戻しよりあなたらしく生きていきませんか?
    ぜひ、ご一緒にー♪

    :::::::::::::::::::::::::::::::

    「マヤの叡智」は「時間の叡智」

    地球上の生命を育んでいる、太陽や月をまず、感じること。
    そして、大地を、地球上の自然を、草木を、昆虫を、動物を、山を、海を、そして、人を感じること。
    人類が環境意識を取り戻すことによって、自然が再生していく可能性があり、地球の自然界が、循環していた状態に戻すことができる。
    地球をひとつの生物圏として感じる、あるいは、「観じる」意識。

    コズミック・ダイアリーの目的は、人間が本来もっている「感じる力」を、
    そして、「思い」を実現する力を、自然の能力として取り戻すことです。
    宇宙のリズムに即して生きていくことによって、
    そのリズムが身につくことによって、
    たとえば植物の語りかけることがわかってくる。
    木の「こころ」がわかってくる。
    「コズミック・ダイアリー」は、一人でも、二人でも、
    そういう人が増えることを願い、つくられました。

    時間に追われるのではなくなり、宇宙がわかり、生理不順も治り、身体が健康になります。
    カレンダーの本来の意味の中で、暦を使うようになり、オーガニック・オーダーがわかります。

    時間は宇宙の周期であること。
    新しい時間を知り、その時間に旅立つと、新しい人生が始まります。
    さらに、時間が高次元であること。高次元にアクセスする。
    同じ方法で、叡智にアクセスできることがわかります。
    「無」になります。前提を無にする能力が進化を導きます。
    つまり、因果がわかり、悟りが始まります。
    そして、最先端の物理学が言う、5次元時空間を体感し、シンクロだらけの人生が生まれます・・・
    関連記事
    【2012/06/15 11:47】 | 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    <<POP! | ホーム | 梅雨もいいですね♪>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://ricosmicnote.blog.fc2.com/tb.php/88-53700d48
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |