うそつき
    昨日たまたま、2年半くらい前に自分が書いた文章を読んだ。
    正確に言えば、それはあるヒト宛てのメールだったんだけど。

    今、読むとすごい違和感。

    私が私じゃない。

    誰が書いたんだ?これって感じ。

    文章の中に自分自身をごまかすような感じとか、相手を変に思いやったりしてる感じが見てとれる。

    短い文章だったのに、読んだあとイヤ~な感じ。

    私は当時、この状態を普通って思ってたんだな。
    ぜんぜん、素じゃない。
    ぜんぜん、ありのままじゃない。
    自分をオブラートに包んだみたいなぼんやりした私。

    ぞっとした。
    うそつきー!って思った(笑)


    いつも幸せだと思ってきたけど、2年半前の私はうそつきだった。
    自分自身に、うそつき。


    もう二度と戻れない。

    自分自身に嘘をつかないことを意識していると、
    人生がとてもシンプルで、楽になった今。


    あんなメール、もう絶対書きたくないなー。


    うそついて、ごめん、オレ(笑)。
    関連記事
    【2011/08/04 14:39】 | 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    <<煌めき | ホーム | 時間ってなんだろう?>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://ricosmicnote.blog.fc2.com/tb.php/30-4618950a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |