月とわたし
    おとといの夕方、友人たちと出かけた帰り道。
    前方の山の上に、それはそれは大きな白いお月様が

    ‘どーだー!’

    と言わんばかりに
    浮かんでいるのが、視界に飛び込んできました。

    中秋の名月。

    すんごく大きくて(スーパームーンだったんだものね)、
    でもまだあたりは明るくて、お月様はまだ光ってなかったけどすごい存在感で。

    なんかすごく感動してしまったー。

    お月様は別にアイツを感動させてやるぜ!

    とか思ってるわけじゃないのはもちろんのこと。

    でも、存在する様をみて勝手に私が感動してしまったわけで。

    私は、生きてるだけでオッケー、えらい私!って思ってるとこがあって
    (昔はもうちちょっと謙虚だったんですが・・・笑)

    そういう私の内側をお月様に重ねて感動した模様です(笑)。

    私たちは外側にあるものと自分の内側をわけて、考えがちだけど決してそうじゃない。

    外側の何かに触れて、心が動いたとき、それは自分の内側のなにかとつながってる。

    目の前の世界は私の内側を見せてくれてるだけ。

    私の世界は私が創ることができる。

    外と内で1コ。

    正反対に感じるモノたちも、ほんとはひとつ。

    わけているのは、私。

    それがわかっていれば、自分の世界だからいくらでも創りかえることが可能。

    それに必要なのは、客観的な視点と本当の自分の声を聞き、意識的に選択するチカラ。

    これぜんぶ、瞑想を続けていると身についてくるかもー♪


    話がずれちゃったけど、とにかく

    なにも特別なことしなくても、いるだけで素晴らしいお月様!!
    誰に頼まれたわけでも、褒められるわけでもないけど、ぐるぐる地球の周りをまわってる。

    きっとそれがお月様にとっては自然なあり方なんだよね。

    カッコいい。

    私もそうやって生きていこう。



    関連記事
    【2015/09/29 16:42】 | 瞑想&BYP | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
    <<母とわたし | ホーム | 人生の時間>>
    コメント
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2015/10/10 13:51】 | #[ 編集] | page top↑
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://ricosmicnote.blog.fc2.com/tb.php/295-f998c4be
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |