対話ってなぁに?
    あぁ、すでに6月も4日目!(驚っ!)
    今日は暑さも和らいで、雨の気配を感じます。
    そろそろこの辺りも、梅雨入りしちゃうのかしら?

    前回の記事から哲学カフェのことを、少しずつ書いていこうと思っているのになかなか文字にできずにいます。
    順序立ててー、わかりやすくー、うまくー、、、とかって欲張って考えているせいです(笑)

    そんな私のなかの強欲な私を脇にどけて、とりあえず書きはじめることにしました。
    文字に起こすことで整理できることもあるし♪

    まずは私の考える対話、ダイアローグという定義から。

    会話とかおしゃべりとか討論とか・・・似たような言葉があるけれど、どう違うのか?

    私の思う会話とかおしゃべりって、知り合いや友達などの間で交わされるお互いがうまくやっていくための、どちらかというと‘私たちって似てるねー!’とか‘おんなじだねー’的なぼんやり、ふんわりした話し方っていう印象です。
    相互間に違いがあった(みんな違う人間だから、違いはあるはず)としても、敢えてそこにフォーカスしないでどちらかというと、スルーするような。

    そして討論(ディベート)は自分と相手の意見が異なる時に、自分の価値観や倫理観などで相手を説得して負かし、最終的に相手を変えることを目的としているものではないかと考えます。
    で、勝った側は変わらなくていい!みたいな・・・勝ち負けにこだわる感じとも言えるかな。

    で、対話(ダイアローグ)については、

    異なる価値観を持った人たちが、お互いの価値観を共有してその違いや隔たりを知ることで、思考を深めていき新しい価値観を見つける、創りだすためのコミュニケーション方法だと考えています。
    なので勝ち負けのないもの。
    なので、対話の結果、お互いの価値観が変わっている可能性を秘めています。

    今という時代は私の10代の頃と比べると、ネットが普及して世界はぐん!と狭くなっていますー。
    世界が狭くなった分、いろんな情報が溢れて価値観も様々。

    その多様化した価値観、つまり人々と生きていかなくてはいけない環境に生きている私たちにとって、人と対話することはとっても大切なことだと思うのです。

    和気あいあい、同じであることを楽しむおしゃべりも、もちろん楽しい♪

    でも、考えてみたらまったく同じ人なんていないわけで。

    だったら、その違いこそを糧にして対話し価値観を認めあい創造することも、楽しいのです♪

    人は自分と異なるものに出会うと、大なり小なりショックを感じるもの。
    そしてそのショックから逃げて、なかったことにするやり方もある。

    でもね、そこに向き合うことで新しい発見もある。

    そんな発見がたくさんできる場を創りたいなー、哲学カフェで♪


    関連記事
    【2014/06/04 11:23】 | 哲学カフェ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
    <<哲学ってなぁに? | ホーム | 哲学カフェ、始めようかな?>>
    コメント
    哲学カフェ参加してみたいです
    ワクワクします!
    自分の枠が広がりそうです
    【2014/06/04 20:38】 URL | はせみな #-[ 編集] | page top↑
    始めたらぜひ参加してみてー♪
    そう!おっしゃる通り、対話することは自分の枠に気づく素晴らしいチャンスになりますー^^
    ワクワク(^^♪
    【2014/06/05 11:40】 URL | rico #SYMq4Whg[ 編集] | page top↑
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://ricosmicnote.blog.fc2.com/tb.php/195-0dc08a02
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |