あなた自身のための・・・
    昨日と今日、二日続けて雷さまがピカゴロゴローーー☆彡と大騒ぎで雨が降っていましたね。
    畑の畝も水がいっぱい!
    カエルの大合唱が聴こえています。

    そんなお天気のなか、私は家に籠ってPCの前にいました。
    なぜなら、Solomon Speaks(ソロモンスピークス)というリコネクション関連のオンラインワークショップの
    再放送を観るため。日本にいて、カリフォルニアであったWSに参加できるなんて!!と感動しつつ。
    日本語字幕があまりに面白いことになっていたので、英語字幕で観てしまいましたw。

    リコネクションプラクティショナーでもある私は、Dr.エリックがリコネクティブ周波数を最初に受け取って間もなくしてから宇宙の叡智、エンティティからのメッセージを受け取るクライアントが複数いた時期があったことはDr.エリックの著書『リコネクション』を読んでいて知っていました。

    このなかにフレッド(フレデリック)さんという方がいて、その彼を通してソロモンと2人が名付けた宇宙の存在からのメッセージを受け取り続けていて、今回のWSはそのメッセージをシェアし実際にソロモンが世界中の参加者からも質問をうけ答えるというものでした。

    私はこのソロモンと呼ばれる存在が話し始めるとすぐに涙が溢れてきてしまって、
    なんんとも言葉にならない気持ちになりました。
    それは4年前に受けたリコネクションのセッションで突然涙が溢れてきたときと同じ感じ。

    懐かしくて仕方ないっていう言葉がたぶん一番近い表現になると思うのだけど、

    以前とちがうのは、私自身が選んで今ここにいて、生まれる前にコミットしたミッションがあり
    おそらくそのミッションを完遂すべく今ここにあり、今していることはそのミッションに関する
    ことだ、これでいいって感じたこと♪

    私はあるべき道にあり、すべきことをしていると感じられるようになったことは、本当に幸せなことです^^

    今回のWSで度々出てきたソロモンからのメッセージ(私なりの訳ですw)。

    あなたの求めているあなたのための答えは外側にはない、いつもあなたの中にある。
    あなた自身の内なる声に耳を傾け、直観を信じ、それに従うこと。
    内なる声・直観は十分に大きく強い。
    なのに、もしそれがきこえないなら
    人生(生活)のなかにあなた自身のための時間とスペースを作り、
    そのチャンネル(経路、流れ)をクリアにし喜びにフォーカスすること。


    というもの。

    その中で、自分自身のために静寂の時間を持つことが必要で、
    そのツールとして瞑想や詠唱、祈りが挙げられていました。

    わーーい♪♪♪♪♪

    そうなんですーー!
    瞑想は静寂のなかであなた自身を感じることで、あなた自身に戻り、要らないものはクリアになっていきます。
    本当におススメなのですー。

    直観ってなに?
    自分のこと、信じられない。
    自分にとって何が喜び???わかんない。

    という方はもちろん、毎日が超忙しくていろんな雑事に追われまくっていて
    自分のための時間なんて全くもてないという方にも、

    騙されたと思って一日5分から始めていただきたい素晴らしい習慣なんです。

    ・・・と、PCの前でひとり嬉しくなった私でした(照)

    最後のソロモンからのメッセージにも泣けました。
    シェアします。

    Love your life.
    Love every second of it.
    Share it.
    Reach out.
    Be the grand life that you can be.
    It's important. Especially now.
    You all have that capability. You came with it.
    You volunteered.

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    Yes! I volunteered!!

    ふふふ♪
    そう思えば、なんだって喜びとともにあるね^^
    関連記事
    【2013/07/15 21:53】 | リコネクション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    <<We need silence! | ホーム | ぎゅ。>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://ricosmicnote.blog.fc2.com/tb.php/152-ff5466e6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |