出張瞑想WS&哲学カフェ
    梅雨入りしたはずなのに、それらしくない毎日が続く今日この頃。
    洗濯物も良く乾いてありがたいけれど、なんだか拍子抜けしちゃいますし雨が降らないのも困りもの・・・。

    そんなことを感じていた一昨日。

    数か月前に、播磨経営倶楽部さまの例会(研修会)で、瞑想ワークショップと哲学カフェを
    してほしいとのお話を頂いておりまして、無事にその日を迎えました。

    ご参加頂いたのは12名さま、すべて男性。
    そして8割の方が経営者、というメンバー。

    今回の例会は‘自分自身をみつめ直す’というテーマのもと
    そのためのツールとして瞑想WSと哲学カフェをとのことでした。

    瞑想はほとんどの方が未経験。

    瞑想はビジネス界ではスティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、スポーツ界ではイチロー選手、長谷部誠選手、他にもリチャード・ギア、マドンナ、企業ではグーグルがマインドフルネス瞑想のプログラムを社員研修として展開しているほか、アップル、ナイキ、ヤフーなどグローバルカンパニーが瞑想を取り入れているといわれています。

    超多忙な人たちがわざわざ時間を作って瞑想しているのには理由があるわけで。
    瞑想はそういう意味でも、世界で認められている最強のビジネスツールなんですね。

    瞑想は今ここにあること、そしてそこから今の自分自身に気付き、己を知っていくのです。
    今回のワークショップでお伝えしたことをベースに瞑想を習慣にしていただいて
    ご自身を知っていかれ、ビジネスはもちろん、ご参加者お一人お一人の人生が豊かなものになれば幸いです。

    そして哲学カフェ。
    今回、事前に哲学カフェのテーマは‘企業継続’とお伺いしていたのですが、
    2時間という限られた時間のなかでしたので少しテーマを絞らせていただき、

    ‘企業継続に必要なことはなにか?’

    とし、対話を進めていただきました。
    こちらはさすが、ご参加の方々は経営者でらっしゃるせいか
    お話されるのも慣れておられて話は尽きず・・・
    また参加者12名ということもあり、時間切れといった感もありましたが
    他者と対等に対話することで気付く違いを通して、自分を知ることができる楽しさや
    新たな視点を得られる面白さを感じて、今後に生かして頂けたら嬉しいなぁと思っております。

    私自身、普段は一人で仕事していることもあり
    他業種の方々、それも大勢の経営者の方々とご一緒する機会というのはなかなかありませんし、
    またどの方もとても誠実に、真摯にお仕事に取り組まれている方々ばかりで、よい刺激をいただき私自身をみつめ直す機会にもなりました。

    播磨経営倶楽部のみなさまのご成功をお祈りしております。
    瞑想の姿勢のチェックや、違うアプローチの瞑想を体験しにぜひまたサロンへもお越しくださいませ。

    お招きいただき、本当にありがとうございました。

    今回のように、瞑想ワークショップ、哲学カフェにつきましては出張も承ります。
    どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

    studioCUEの情報は
    WEB
    Instagram
    Facebook

    から、ご覧いただけまーす♪



    【2017/06/16 21:37】 | 瞑想&BYP | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    | ホーム | 次ページ