空っぽのようで、満ちてる
    今夜は月がキレイです☆彡
    秋分の日も過ぎて、お彼岸のお墓掃除&お参りも終えて稲刈りの終わった田んぼの畦道には、彼岸花が顔をのぞかせ始めました。

    Time flies!
    同じ日は二度とこないし、今というこの瞬間も二度とこない。

    瞑想を習慣にしているからか、私は遠い未来のことや過去のことを考えている時間があまりないように思います。というか、なんにも考えてないかも?(笑)ってこの間、気付いてそんな自分が可笑しくて・・・いつからこういう風になったのか明確にはわからないけれど、
    ただただ淡々と今を味わって感じながら、ここにいるなぁーって感じです。

    会社員をやりながらネイリストを目指して大阪や神戸のネイルスクールに通っていた頃は、もっと明確に目標とか達成時期の設定とかしながら生きていました。
    自分がやりたいと思ったことは必ずやれるって信じていました。(今も信じているけどw)

    なんたって2030年カレンダーというカレンダーを自室に貼って、書きこんでいたんですから(笑)。

    今の私から見ても、「あーた、スゴイわね」って思っちゃう。
    3年半ほど前にリコネクションを受けてから、あのカレンダーも捨てちゃったけど。

    目標を持つことの大切さや、それに向かって努力することの意義、それによって得られるもの、失うもの・・・イロイロなことを勉強させてもらってたんだなぁって思います。

    あれを経験したから、今の生き方ができるようになったのかなぁとも思うけれど
    今となっては、あの当時のようには生きることは難しいなぁってしみじみ思います。

    どっちが正しいとか、間違ってるとかではなく。どっちも意味があると思うし。

    ただ、今という瞬間に自分自身に正直に、100%の全身全霊の私でここにいられるかどうか、という指針のもとに生きることを意図している今のほうがずっと難しくて、オモシロイから。

    何をしていても、何にもしていなくても、ただ居るってことだけで私たちには価値がある。

    何にも考えてなくて、目標とかなくて、空っぽみたいだけどすごく満たされているっていう不思議なこの感じ。


    私は瞑想していると、自分と世界の境界線がなくなる感覚をいつも味わうんだけれど
    カラダっていう器がもしなかったら、本当は境界なんてないんじゃないかなぁ?っていつも思っています。

    みんなひとつ。

    っていう感じ。

    瞑想って不思議です。

    始めて続けているなかで、私が信じていたワタシ、の定義はどんどん変化してきたし
    これからも変化していくのかも?って思います。


    ふふふ。

    オモシロイな、自分自身を知ることは世界を知ることに通じているって感じています。


    今月の瞑想カフェ@納屋工房さんはあさって25日(火)15時からです!
    お申し込みは明日まで、079-335-5530までどうぞ♪


    RIMG1312.jpg

    やさしいピンクとキラキラのホログラムでダブルフレンチ!
    シンプルで一番落ち着くデザインかも?



    【2012/09/23 22:11】 | 瞑想&BYP | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    | ホーム | 次ページ